「公立高校の女性管理職に関する研究」成果を公開しています。

NEWS

お知らせへ

SUMMARY

研究成果概要へ

BOOK

書籍へ

INQUIRY

お問い合わせへ
イメージ
研究の目的
 このホームページは、科学研究費補助金(基盤研究B)「ジェンダーの視点からみた公立高等学校管理職登用における「一任システム」の調査研究」の研究成果を公開するためのものです。

 本研究は、ジェンダー不均衡をもたらす学校管理職登用システムの解明を目的としています。特に、これまでなされてこなかった「適任者を見定める側」の調査研究を実施する計画です。

 これまで、本研究のメンバーは、公立高校の学校管理職登用の男女比率の違いをもたらす要因を探るために、 校長らへのインタビュー調査によって、外形上あたかも望外にも結果として校長に選ばれるという「一任システム」を明らかにしてきました(JSPS 科研費 23330235)。この結果、学校長及び教育行政人事担当者、つまり管理職適任者を内々に「見定め」る側に注目する必要性が明らかになっています。

 よって、本研究は、(a)管理職育成・登用に関する教員人事制度の実際及び(b)現場での適任者の「見定め」の現実に着目します。特に、女性管理職の高率県と低率県別に対照し、両者の関連性の中にジェンダーの課題を明らかにする計画です。
高校の「女性」校長が少ないのはなぜか
高校の「女性」校長が少ない
のはなぜか
イメージ